Host

第18回 Hakuju ギター・フェスタ 2024 ラテンアメリカ 4 
~ポンセのギター・ソナタ全曲
第一夜

2024年08月16日 (金)

19:00 Start ( Open 18:30 )

荘村©良知賀津也 福田©Takanori Ishii フェルナンデス©Robert Yabeck

【出演】
村治奏一(ギター)、エドゥアルド・フェルナンデス(ギター) 

■Part1 村治奏一 
オープニングを飾るのは「ギター・フェスタ」初登場となる村治奏一。幼少よりギタリストの父・村治昇の手ほどきを受け、福田進一、鈴木大介の両氏に師事、国内外でのリサイタルやメディアでも活躍、2023年12月にデビュー20周年記念リサイタルをHakuju Hallで行いました。また最近では、大規模言語モデル(GPT)を利用した「A.I.村治奏一」に自ら学習させ運営し話題を呼んでいます。今回はH.ヴィラ=ロボスの「12の練習曲」やA.バリオスの遺作である「過ぎ去りしトレモロ」を演奏、そしてM.ポンセの「ソナタ・メヒカーナ 第1番」を取り上げます。作曲家、ピアニストであるポンセは、スペインのギタリスト、アンドレス・セゴビアとの出会いからギター曲を作り、セゴビアがこの「ソナタ・メヒカーナ」をヨーロッパ中で演奏し成功を収めたことにより、作曲家として国際的に有名になったと言われます。まさに、“ポンセのギター・ソナタ全曲集”の幕開きにふさわしい選曲、テクニックに裏付けられた郷愁あふれる音色、心温まる旋律をお楽しみ下さい。

アンコール・ゲスト:荘村清志      

【曲目】
L.ブローウェル:魅惑の瞳 
H.ヴィラ=ロボス:「12の練習曲」より 第4番 ト長調
C.ジョビン:フェリシダージ
A.バリオス:過ぎ去りしトレモロ 
F.ショパン(L.アルメイダ編):夜想曲 第2番 op.9-2
M.ポンセ:ソナタ・メヒカーナ 第1番  
A.サルデーニャ:ラメントス・ド・モロ

■Part2 エドゥアルド・フェルナンデス
第一夜後半は、「Hakuju ギター・フェスタ 2019」以来、今回3回目の出演となるウルグアイ出身の世界的ギタリスト、エドゥアルド・フェルナンデスのソロをお届けいたします。今回は自身編曲によるJ.S.バッハの「リュート組曲 第3番」とM.ポンセが19世紀古典ギター全盛期の筆頭とも言うべきフェルナンド・ソルへのオマージュとして作曲した「ソナタ・クラシカ」を取り上げます。卓越した技巧に加え、装飾音にまで宿る的確な表現力で魅了いたします。ゲストで登場の福田進一とのアンコールにもご期待ください。
   
アンコール・ゲスト:福田進一   

【曲目】     
J.S.バッハ(E.フェルナンデス編):リュート組曲 第3番 イ短調 BWV 995
M.ポンセ:ソナタ・クラシカ(ソル讃歌)
    
協賛:   
後援:公益社団法人日本ギター連盟   
協力:株式会社現代ギター社/株式会社S.I.E.

Ticket sales status
2024年04月20日
販売中
Ticket information

全席指定:5,500円(税込)

【残席僅少】セット券(3日間通し券&「旬のギタリストを聴く」/限定40セット)14,300円(税込)
※セット券はHakuju Hallチケットセンター電話のみの取り扱いとなります

2024年4月20日(土)発売

Inquiry

Hakuju Hall チケットセンター
03-5478-8700

【関連ファイル】

クリックするとチラシのPDFが開きます。

12345678901234567890月火水木金土日曜日