Host

第18回 Hakuju ギター・フェスタ 2024 ラテンアメリカ 4 
~ポンセのギター・ソナタ全曲
フィナーレ

2024年08月18日 (日)

15:00 Start ( Open 14:30 )

荘村©良知賀津也 福田©Takanori Ishii フェルナンデス©Robert Yabeck

【出演】
荘村清志、福田進一、エドゥアルド・フェルナンデス、レオナルド・ブラーボ、村治奏一(以上、ギター)

■Part1 福田進一
前半は、昨年デビュー40周年を迎え、日本のギター界を牽引し続ける福田進一。今回はM.ファリャの「ドビュッシー讃歌」、A.タンスマンのバラード 「ショパン讃歌」、そしてF.シューベルトの「ピアノ・ソナタ 第21番」に影響を受けて作曲されたM.ポンセのソナタ・ロマンティカ 「シューベルト讃歌」をお届けいたします。すべて作曲家への“讃歌・オマージュ”でまとめたプログラム。2024年はアンドレス・セゴビアがパリで初めてのコンサートを開催してからちょうど100年後とのこと、その後1930年代からM.ポンセなど作曲家に作品を書かせ多くの傑作が生まれました。ギター作品の様々な側面に思いを馳せながら、崇高な精神と幸福感で満たされる充実の演奏をお聴きいただきます。 

アンコール・ゲスト:エドゥアルド・フェルナンデス

【曲目】
M.ファリャ:ドビュッシー讃歌
A.タンスマン:バラード 「ショパン讃歌」
M.ポンセ:ソナタ・ロマンティカ 「シューベルト讃歌」

■Part2 ギター・アンサンブル ~委嘱新作・世界初演
フィナーレ後半は、荘村清志福田進一エドゥアルド・フェルナンデスレオナルド・ブラーボ、村治奏一によるアンサンブル。毎年恒例の委嘱新作は、加羽沢美濃による作品を荘村と福田のデュオで初演いたします。またアンサンブルはL.ブラーボ編曲による多彩なラテン音楽を披露、情熱溢れる演奏で締めくくります。

【曲目】
加羽沢美濃:第18回 Hakuju ギター・フェスタ 2024 委嘱作品/世界初演
A.トロイロ(L.ブラーボ編):ラ・トランペラ
A.ピアソラ(L.ブラーボ編):エスタモス・リストス
H.ヴィラ=ロボス(L.ブラーボ編):センチメンタルなメロディー

協賛:   
後援:公益社団法人日本ギター連盟
協力:株式会社現代ギター社/株式会社S.I.E.

Ticket sales status
2024年04月20日
販売中
Ticket information

全席指定:5,500円(税込)

【残席僅少】セット券(3日間通し券&「旬のギタリストを聴く」/限定40セット)14,300円(税込)
*セット券はHakuju Hallチケットセンター電話のみの取り扱いとなります。

2024年4月20日(土)発売

Inquiry

Hakuju Hall チケットセンター
03-5478-8700

【関連ファイル】

クリックするとチラシのPDFが開きます。

12345678901234567890月火水木金土日曜日