HAKUJU HALL
English

白寿こどもヴァイオリンコンクール

2016年にスタートした白寿こどもヴァイオリンコンクールもお陰様で3回目を迎える事が出来ました。2003年にハクジュホールを立ち上げた時の目的の1つ「若い音楽家の演奏機会の創出」というものがあり、その主旨に賛同頂いた先生を始めとする皆様のお陰をもちまして始めた企画ですが、過去の受賞者も世界と戦う子も出て来て、もうすぐプロとしてハクジュホールデビューも見られるようになって来ました。そういう子供たちを見守りつつの第3回です。前回、前々回の振り返り、反省を踏まえまして、また実行委員長から審査員まで同じメンバーで内容を考えました。
今回の課題の練習、経験が子供たちのステップアップの一助になれば幸いです。

Hakuju Hall 支配人 原 浩之


主催:Hakuju Hall/株式会社 白寿生科学研究所
企画制作:株式会社 日本ヴァイオリン

主催者代表/発起人:原 昭邦
実行委員長:紿田英哉
実行委員:原 浩之、中澤創太

コンクール開催日程

2022年

5月6日(金) 応募、及び録音審査音源(CD or データ)受付締切
※当日消印有効 録音審査料振込締切
7月1日(金) 録音審査結果発表
7月8日(金) コンクール参加料振込締切
7月30日(土) 予選
7月31日(日) 本選・表彰式

会場

[予選]

日本ヴァイオリン アートサロン (〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-29-7 ドルミ御苑 4F)

[本選]

Hakuju Hall (〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-37-5)

[第1位]

  • ・Hakuju Hall主催のコンサートなどにご出演いただきます。
  • ・日本ヴァイオリンより分数サイズの名器が2年間貸与されます。

[第2位]

  • ・Hakuju Hall主催のコンサートなどにご出演いただきます。
  • ・日本ヴァイオリンより分数サイズの名器が1年間貸与されます。

[第3位]

  • ・Hakuju Hall主催のコンサートなどにご出演いただきます。

応募資格・方法・注意事項

[応募資格] ※いずれも、2022年本選日時点の学年

  • ① 小学1、2年生部門 (カテゴリー1)
  • ② 小学3、4年生部門 (カテゴリー2)

[応募方法]

Hakuju Hallホームページの応募フォームからお申込みいただき、下記3点をコンクール事務局までお送り下さい。尚、提出された書類、及び録音は返却いたしません。

応募フォーム

  • ① 必要事項を記入した参加申込書 参加申込書ダウンロード
  • ② 写真1枚(上半身正面)
  • ③ 録音審査曲を録音したCD(ディスクに氏名、曲名、録音日、録音会場を明記。尚、録音は申込日から半年以内のものとする。)

※録音CD作成について
スタジオ録音に限らず、ご自宅のスマートフォンなどによる簡単な録音でも構いません。
その際、出来るだけ雑音のない状態での録音をお願いいたします。
(メールでのmp3ファイル添付、あるいは大容量データサイトの圧縮ファイルアップロード→URLでの提出も受け付けます。)

また録音審査に限り、ピアノ伴奏付きの曲におきまして、共演ピアニストとの録音が難しい場合は、ヴァイオリンのみの録音でも受付可能とさせていただきます。
(予選と本選はピアノ伴奏付きの曲は共演ピアニストを各自で同伴してください。その際の費用は、出場者の負担とします)

[送り先]
白寿こどもヴァイオリンコンクール事務局
〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-37-5 株式会社白寿生科学研究所 Hakuju Hall 内
TEL 03-5478-8867 FAX 03-5478-9821

[審査料・コンクール参加料]

  • ① 録音審査料 ¥8,800(税込)
    (2022年5月6日までに下記口座までお振込ください。)
  • ② コンクール参加料 ¥16,500(税込)
    (2022年7月1日の録音審査結果発表後から7月8日までの期間に下記口座までお振込下さい。)
  • ③ 本選参加料 無料

[振込先]
三菱UFJ銀行 大山支店 普通預金 口座番号:0204297
口座名義:白寿こどもヴァイオリンコンクール

※銀行のATMでお振込み頂く場合、口座番号を入力した時点で、「カブシキガイシャハクジュセイカガクケンキュウショ」と出てくることがあります。
※振込手数料・送金手数料等は参加者の負担となります。

お振込確認後、コンクール参加に関する資料をお送りいたします。
尚、録音審査料、コンクール参加料共に、いかなる事情によっても返金はできません。

[注意事項]

  • ① 申込書の不備なもの、及び期日を過ぎて到着した応募書類は受け付けできません。
    また、期日内に審査料・コンクール参加料のお振込みがされない場合も、審査・コンクール参加辞退とみなされますのでご注意下さい。
  • ② 応募書類・録音等は書留郵便等配達記録の残る方法でお送り下さい。郵送中の紛失等につきましては、応募者の責任となります。
    また、ご提出いただきました応募書類・録音等はご返却できませんのでご了承下さい。
  • ③ 予選・本選での出場順は、事務局の指示に従って下さい。出場順番、日時の希望は原則受け付けません。
    予選・本選参加者は、コンクール事務局より指定された日時に指定された場所にお越し下さい。
    遅刻・欠席された場合は、やむを得ない事情を除いて失格となります。
    本選参加者は、本選当日の午前に全体説明をいたします。
  • ④ 共演ピアニストは各自で同伴して下さい。その際の費用は、出場者の負担とします。
  • ⑤ 演奏に関する諸権利(コンクール出場に伴う全ての演奏に関する録音・録画・写真撮影・複製頒布など)は、全てコンクール主催者に属するものとします。
  • ⑥ 演奏は、全て暗譜とします。

審査曲

[録音審査 (録音審査に限り、ピアノ伴奏の有無は問わない)]

自由曲

  • ① 小学1、2年生部門 (カテゴリー1) / 2~8分以内で1曲
  • ② 小学3、4年生部門 (カテゴリー2) / 3~8分以内で1曲

[予選]

課題曲

  • ① 小学1、2年生部門 (カテゴリー1) / ヴィヴァルディ: ヴァイオリン協奏曲 イ短調 op.3 No.6より 第1楽章
  • ② 小学3、4年生部門 (カテゴリー2) / モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲 第3番、第4番、第5番のいずれか任意の曲の第1楽章(カデンツ無し)
  • ※ 録音審査、予選および本選の曲目は重複しても構いません。
  • ※ 課題曲を録音審査と本選で演奏する事も可能です。
  • ※ ピアノ伴奏の前奏や間奏はなるべく短くしてください。
  • ※ リピートなどはカットしてください。
  • ※ 曲の長さは審査に影響はありません。
  • ※ 参加申込み後はいかなる事由でも曲目の変更はできません。
  • ※ 予選・本選では、演奏が既定の審査時間を過ぎた場合、事務局もしくは審査員の判断により、その場で演奏を止めて頂く場合がございます。

審査委員

大谷康子 漆原朝子 久保田巧

審査規定

  • ① 審査員と出場者は、予選開始から「出場者」である間は接触してはなりません。これに違反した場合は、双方失格となります。
  • ② 審査委員会の決定には、いかなる異議・不服申し立ても許されません。

[お問い合わせ]